2016年08月12日

セキュリティ強化

昨日はSECOMさんからの提案で、ワン!ペットのセキュリティ・システムが最新型の機種に変更となり、その取り換え工事がありました。
今までボタン操作だったのが液晶画面になって、ちょっとカッコよくなりました!

s-16081201.jpg

と言いながら、今までの18年ほどでこのセキュリティ・センサーが反応したのは...

1.熱い鍋に注いだ料理酒が揮発してガスセンサーが反応
2.夜中にうっかり窓を開けて窓センサーが反応
3.夜中に入院の子たちを見回りに行って赤外線センサーが反応
4.ドアを開錠したものの解除キー操作が間に合わずセンサーが反応

おかげさまでと言いましょうか、全て私を含めた家族のミスです。
その度にSECOMさんがすぐに状況確認の連絡を入れてくれるのですが、いつも状況説明にしどろもどろ...
いつもご迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いします。

それにしても、普段あまり長時間の来客のないわが家。
リビングでの長時間の工事で緊張を強いられたのか、メンタル弱め系のハスキーのQ(キュー)はかなりオツカレだったようです。
工事終了後からはずっと爆睡でした。

s-16081202.jpg

ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 06:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

ゴーヤが穫れました。

夏野菜の代表格と言えば、ここのところ有名になりつつあるゴーヤです。
苦みが夏バテに良いのだとか。
また、暑さに負けずに元気よく茂る葉が陽除けのグリーンカーテンに最適だそうで、エコロジーな植物でもあります。
そのゴーヤがたくさん穫れました。

s-DSC00813.jpg

毎日家族で一個ペースで消費しています。
苦みが苦手という方もおられると思いますが、薄く切って塩もみすると苦みも和らぎ食べやすくなります。
ちょうど初夏と晩夏にたくさん穫れるキュウリが、盛夏の今はありません。
なので、キュウリを使った料理にそのままゴーヤが応用できます。
ツナと和えてツナサラダにすると、ほのかな苦みがクセになりますよ。
ま、今夜はオーソドックスに挽肉とトマトと炒めて卵でとじた「わが家風チャンプルー」でしたが。
いただきものの鹿児島芋焼酎と合わせたら至福のマリア―ジュでした。

s-DSC00814.jpg
ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

保護されたツバメのヒナ

3日前に拾われて、ワン!ぺットで保護していたツバメが紫雲寺愛鳥センターに引き取られて行きました。
毎日ミルワームを食べて、元気なまま搬送できました。

たとえ3日間と言えども、一緒に過ごした子と別れるのは寂しいものですね。
このまま無事に成長して、大空を飛び交ってほしいと思います。
s-DSC00806.jpg
ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

三尺玉

今年も無事に、夜空に大輪の華が咲きました。
久しぶりにカメラを持って、ワン!ペット屋上から撮影してみました。
s-DSC00805.jpg
ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

雨の朝

今日も朝から雨です。
ベランダに出てみたら、昨日はなかった大きな蜘蛛の巣がありました。
きっと一晩かけて作り上げたのでしょう。
雨の雫の重さで今にも切れてしまいそうです。

s-DSC00651.jpg
ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

空手の試合@長岡市民体育館

昨日の日曜は臨時休診にして、診察をお休みさせていただきました。

運営に協力させていただいている空手団体と、他の3つの空手団体との合同錬成大会に参加してきました。
といっても、選手として出場ではなくて審判の方でしたが...

指導しているチビっ子たちもずいぶんと上手になって、慣れない他流派との試合でも善戦していました。
上級生の子の中には大人顔負けの戦いぶりをする子達もいて、上達ぶりにちょっぴり感動しました。

一般部の試合は勇猛で、これぞ格闘技という醍醐味のある戦いぶりでした。
試合を見ていて熱〜くなる自分がいましたが、もう年齢的には一般部ではなくてシニアクラスなんですね...
いつの間にか、技術を上達させることより、怪我をしないで続けていく方に気をつけないといけない年齢になってしまいました。

いやいや齢はとりたくないものです...

■空手道新武会長岡道場→興味のある方はこちらからどうぞ。
15033001.jpg
大会終了後の全体写真。スマホのカメラのせいかややピンボケです。

ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 17:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

マグロの替わりにサメ@葛西臨海水族園

ゴマフアザラシの誕生に沸くマリンピア日本海@新潟とは逆の、残念な大量死の話題です。

ニュース等でも盛んに報道された、東京都の葛西臨海水族園でのマグロやカツオが大量死した事件はご記憶の方も多いと思います。
その葛西臨海水族園では、とうとうクロマグロが残り1匹となったため、今年6月をめどにクロマグロを新たに追加する計画を発表したそうです。

未だに大量死の原因は不明とのことですが、この3月末からマグロとは分類が異なる、つまりマグロとは遠縁のサメの仲間であるアカシュモクザメを入れて水質に問題がないか調べるそうです。
これに問題がなければ、次はマグロに近縁のカツオ類を投入。
これにも問題がなければ、クロマグロを40〜50匹入れて展示を復活させるという計画のようです。

死亡したマグロの検査でウイルスが検出されていますが、大量死との直接的な関連は不明とのこと。
場合によっては、飼育環境そのものが複合的に死因に結びついているという可能性もあるとの事で、原因調査は引き続き行われているとのことです。
一刻も早く、大量死の原因が突き止められるよう願います。


ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

ゴマフアザラシの赤ちゃん誕生@マリンピア

新潟市水族館マリンピア日本海で、21日の朝、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれたそうです。
同水族館のサイトによれば、現在性別は不明で、体重は9.1kgほどだそうです。
ホゴ♂とシズカ♀との仔で、マリンサファリ-ひれあしの入り江-という展示スペースにて公開中とのこと。

アザラシの赤ちゃんといえば、真っ白な毛に覆われて丸々としたとてもキュートなイメージがありますね。
これは是非とも早いとこ見に行かなければ!

赤ちゃんの写真はマリンピア日本海のHP、こちらからどうぞ。

13082106.jpg

こちらは既出の長岡市寺泊水族館の退屈ゴマフアザラシ

ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

コハクチョウがボウガンで...

一昨日、埼玉県で胸にボウガンの矢が刺さったコハクチョウが保護されたそうです。

15030901.jpg


長さ約50cmほどのボウガンの矢は胸部から脚の付近まで貫通していて、自力で歩けないほど衰弱しているといいます。
コハクチョウは朝見つかったときには矢が刺さったまま川を飛び立ってしまい、夕方に戻ってきたところを保護された後、東松山市内の動物病院で治療を受けたそうです。

何を考えてハクチョウを撃ったのかは知りませんが、極めて卑劣な行為だと思います。
無事に回復することを祈るばかりです。

当院がる長岡市のお隣り三条市にはハクチョウが飛来する五十嵐川があって、私の好きな場所です。
毎年ハクチョウやガン・カモ類が多く飛来するので、冬期間には必ず訪れるようにしています。
手を伸ばせば届きそうな距離で眺める水鳥たちはとても美しく、野生の生命力に溢れています。

この尊い命の煌めきを守るこそすれ、危害を加えようなどと決して考えるべきではないと思います。

15030902.jpg

今年2月に訪れたときの五十嵐川の風景

ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

野生化したカピバラによる食害@沖縄

沖縄県は石垣島で、野生化したカピバラが稲を食べる食害が発生しているとのことです。

カピバラはご存知の方も多いと思いますが、南アメリカ原産の世界最大の齧歯目、つまりネズミの仲間。
体長は約1メートルくらいで、体重が50kgくらいになるそうですから、とてつもなくデカいネズミってことですね。
私も動物園でしか見たことがありません。

石垣島のカピバラも、もともとは市内の観光農園から逃げ出したものらしいという情報なのですが、施設側はそれを否定しているようです。
(ここらへんの責任の所在は曖昧ですね...)
ただ、温暖な石垣の自然の中で育まれて野生化したカピバラは、確実に農業被害をもたらしています。

なんでもカピバラは、警戒心がとても強く、走れば犬並みのスピード、数分間の潜水も可能で、垂直の壁を上る跳躍力もあるとのことで、捕獲は困難を極めているようです。

さらに、行政側の対応も問題があるようです。
カピバラは、もともとの生態系に影響を及ぼすような特定外来生物でもなく、人畜や農作物に被害を与える有害鳥獣にも指定されていません。
ですので、行政側としても明確な駆除対象とできず、苦慮しているのです。

水田の脇の小川にのんびりと浸かっているカピバラを想像すると、ほんわかカワイイ気分になりますが、実際に被害を被っている方々にすれば、それどころではないですね。
ヒトと動物が共生していくのはなかなか大変です...

15030801.jpg
猫よりも大きなネズミ、いやカピバラ...

ニックネーム ワン!ペット獣医師 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする